に投稿

うちの会社のお抱え税理士

私は、家具屋の本社で事務をしています。
うちのお抱え税理士は、斎藤さんという40歳の男性なのですがとても倹約家なんです。
税理士なんだから、ある程度のお給料はもらっているはずで、ちょっと贅沢してもいいくらいなのにね。
電気代節約のため、会社に来る前は冷蔵庫以外のコンセントを全て抜いて来るんだそうです。
「テレビとか、録画予約してないんですか?」と聞くと「そんなもんしてません」と即答です。
やはり、税理士ともなると、あまりテレビなんて見ないんでしょうかねぇ。
斎藤さん、税理士になるために、かなり苦労したみたいなんです。
税理士試験に、最初の3科目はとんとん拍子に受かったそうなんですが、あとの2科目がなかなか受からなくて、とうとう6年目にしてようやく合格したんですって。
アルバイトをしながら、税理士資格を取る勉強していたため、なかなか大変だったみたいです。
それで、倹約するくせがついたそうなんですが、税理士になれた今でもそのくせが抜けないらしいです。
お風呂も冬は一日おきで、風呂の水は必ず洗濯に使うし、スーパーでも特売以外のものは買わないそうです。
倹約生活がすっかり身に付き、一生独身で過ごすつもりみたいです。