投稿日:

名古屋で精神の訪問看護

精神保健福祉士として、働いていたことがあります。
精神疾患を持っている人の、社会復帰を支援する仕事です。
全国で普及してきていますが、まだまだ知られていない世界。
精神疾患とは、うつ病や統合失調症のことを言います。
精神疾患の患者さんは増えています。
今は精神病院よりも、駅前などにある精神科クリニックが多いかもしれません。
カウンセリングや相談がメインなところも多く、気軽に通える雰囲気作りに力を入れているようです。
精神疾患を持っている人も、高齢化に突入している現代、それに見合った支援が必要になっています。
例えば、訪問看護というのは福祉・看護の世界でよく耳にする言葉だと思います。
看護師が利用者の自宅へ行き、必要な処置をするのが訪問看護です。
訪問介護とは、できることが異なっています。
あと、介護保険を利用するか医療保険を利用するかという点でも、違いがあります。
名古屋で訪問看護をやっている事業所は、精神訪問看護をやっています。
これは、全国的にはまだまだ珍しいです。
在宅の患者さん向け以外にも、精神障害者の福祉施設の運営もやっている母体みたいです。
それ故に、色々な知識やコネクションもあるようで、信頼できそうだと思います。